飲む日焼け止めの選び方アドバイス

テレビや雑誌でも紹介され、注目が集まっている「飲む日焼け止め」。近年は様々な製品が登場してきたこともあり、どれを選んだら良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。今回は飲む日焼け止めを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

ニュートロックスサンは要チェック

関連|飲む日焼け止めの重鎮といえる成分「ニュートロックスサン」とは

飲む日焼け止めには、抗酸化作用のあるリコピンやファーンブロックなど紫外線から肌を守るための様々な成分が配合されています。その中でも特に注目したいのが「ニュートロックスサン」。

飲む日焼け止めのメインとなる成分で、紫外線の強力な地中海地方で研究・開発されました。抗酸化作用と抗炎症作用を持った成分で、摂取することで活性酸素を抑制し、紫外線による肌の赤み・シミ・シワなど肌のダメージを軽減することができます。

飲む日焼け止めを選ぶ時は、このニュートロックスサンが配合されているかどうか、どれくらいの量が配合されているかに注目しましょう。製品によってはニュートロックスサンが配合されていないものや、配合量が少ないものがあります。

研究によると、ニュートロックスサンの摂取量が多いほど紫外線の防護効果を発揮しやすいというデータが出たとのことです。

ニュートロックスサンを75ug/ml摂取した被験者と100ug/ml摂取した被験者にそれぞれ800j/㎡と1200j/㎡のUVBを照射したところ、いずれも多く摂取した被験者の方が活性酸素の生成率を抑えられたとの結果が出ました。800j/㎡のUVB照射では100ug/ml 摂取した被験者の活性酸素生成率が75ug/ml摂取の場合の1/2程度だったことから、多く摂取する方が効果的と言えます。

美白成分や美容成分をチェック

せっかく飲むのなら、紫外線に対する効果だけでなく美容効果も得られるものがオススメです。ニュートロックスサンに加えて美白成分や美肌成分など、目的に合った成分が配合されているものを選びましょう。

たとえばL-シスチンやACGコンプレックスは、美肌を作るために効果的な成分。L-シスチンはケラチン(タンパク質の一種)を構成するアミノ酸で、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きをします。ACGコンプレックスはお肌にハリと潤いを与え、毛穴を目立たなくするとして美容業界でも注目の成分です。

また高い抗酸化力を持ちアンチエイジングに効果的な成分として有名なリコピンや、美白・美肌効果の高いビタミンC・E、肌のターンオーバーを促進する植物プラセンタなど様々な成分が配合されているので、欲しい効果を持った製品を選びましょう。美容効果以外にも、眼の健康を促進するルテインやクロセチンなどが配合されている製品もあります。

紫外線対策だけでなく美容効果も上乗せできるのは飲む日焼け止めならではのメリットなので、含有成分に注目してみると良いでしょう。

関連|紫外線で焼けたあとの肌ケア、積極的に取り入れたい栄養成分・食べ物

手軽さをチェック

飲む日焼け止めは、毎日続けることが重要です。曇りの日でも真冬でも飲み続けることで効果的に紫外線ダメージを軽減し、美肌を作ることができるからです。だからこそ、継続しやすい製品を選ぶようにしましょう。

たとえばこまめに飲まなくても朝飲むだけで1日中効果が持続するものや、粒が小さくて飲みやすいもの、1回当たりの粒の数が少ないもの(1~3粒)などがオススメです。また続けるにあたり、価格も重要となってきます。「この製品を飲んで日常生活を送っている自分」をイメージして選ぶと良いでしょう。

汗や雨で落ちることがないため塗り直しの必要がなく、全身にくまなく効果が行き渡る「飲む日焼け止め」。その手軽さと効果から美容と健康を考える多くの方に指示されています。毎日飲むものだからこそ、どの製品を選ぶかは重要な問題です。今回ご紹介した内容を参考に、自分にぴったりのものを探してみましょう。


飲む日焼け止めおすすめランキング