メラニンによってシミやシワができる仕組みと対策

「メラニンが原因でシミができる」という話は知っていても、どういった仕組みでシミになるのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。また中にはメラニンさえなくせば全ての肌老化を解決できると誤解している方も。若く美しい肌を保つために、こちらで正しい知識を見に付けましょう。

シミができるメカニズム

メラニンはそもそも、紫外線から細胞を守るためのバリアのようなもの。紫外線が肌の奥にまで入り込むと、DNAがどんどん破壊されてしまいます。すると細胞が変性したり、皮膚がんを発症したりするでしょう。これを防ぐ役目がメラニンです。肌が紫外線を感知すると、ケラチノサイト(角化細胞)がメラノサイトにメラニン色素を合成するよう指示を出します。そして作られたメラニンがケラチノサイトに供給され、紫外線をブロックする役割を果たすのです。

紫外線が弱まると、自然とメラニン色素の合成も落ち着きます。通常、メラニン色素はケラチノサイトと一緒に肌のターンオーバーによって垢として体外へ排出されるもの。日焼けした肌も時間が経つと元の肌色に戻るのはこの仕組みのためです。しかし紫外線の攻撃などによってケラチノサイトに異常が起こると、もう紫外線を浴びていないのにいつまでもメラニンを作るよう指示を出し続けてしまうでしょう。そのため、過剰生成されたメラニンがシミとして肌に残ってしまうというわけです。その他、新陳代謝の低下やストレスなどによって肌のターンオーバーがうまくいかないと、この場合もシミとして肌に色素沈着を起こしてしまいます。

関連|日焼けのメカニズム、メラニン生成のメカニズム

メラニンとシワの関係

「メラニンはお肌の大敵」という風潮からか、しばしばメラニンはシワの原因にもなると勘違いされがち。しかしメラニンはシミの原因にはなっても、シワの直接の原因ではありません。
シワの原因は、メラニンではなく紫外線の攻撃です。紫外線が肌の奥に入り込むと、肌に弾力をもたらすコラーゲンやエラスチン繊維を作り出す繊維芽細胞を破壊してしまいます。すると肌がハリを保っていられなくなり、シワやたるみを引き起こしてしまうでしょう。紫外線を浴びるとメラニン色素が大量に作られることからメラニンとシワが結び付けて考えられがちですが、実際にはシワの原因は紫外線の方にあります。
むしろ、メラニン色素は紫外線のダメージから肌細胞を守ってくれるもの。そのため色黒の人は深いシワができにくいと言われています。実際テレビなどで見た時、同じ老人でもメラニン色素が多い黒人の方が、メラニン色素が少ない白人よりも若々しく感じた経験がある方も多いのではないでしょうか。

シミ対策として何をするべき?

上記の通り、シミは紫外線によるメラニンの過剰生成や肌のターンオーバーの乱れなどによって発生します。そのため、「紫外線対策」と「肌の健康」の2つが重要なポイントです。
まず紫外線をなるべく浴びないように心がけましょう。紫外線を浴びなければ、そもそもメラニンを大量に発生させる必要もありません。日焼け止めや日傘などを活用し、真夏だけでなく日頃からしっかりと紫外線予防をしていきましょう。
また肌が正常にターンオーバーできるよう、睡眠時間を充分に確保したりストレスを溜めないように心がけたりすることも大切です。栄養バランスの取れた食事を摂ることもポイント。シミの予防には、メラニンの沈着を防止する働きのある「ビタミンA」の摂取が効果的です。既にできてしまったシミには、肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促進する「ビタミンC」がオススメ。ビタミンAはニンジンやかぼちゃ、牛乳やレバーなどに、ビタミンCはイチゴやみかん、さつまいもやれんこんなどに多く含まれています。また肌が乾燥したり乱暴に擦ったりすると肌が刺激として受け取り、余計にメラニンが生成されることも。丁寧なスキンケアを行い、しっかり保湿してあげましょう。

関連|メラニンには肌を守る強い味方?それとも色素沈着のもとになる敵?

メラニンは肌を守る役目を持った、身体にとって必要なもの。シワを防止するものでもありますが、状況によってはシミを作りだす原因にもなります。その一番の要因はやはり紫外線。紫外線はシミとシワ、両方をもたらすものです。普段から紫外線対策をしっかりとって、シミやシワから肌を守りましょう。


飲む日焼け止めおすすめランキング