くもりでも日焼けする!紫外線は雲を通り抜けて降り注ぐ

くもりの日だからといって日焼け対策をサボっていませんか?天気が悪い日でも油断はできません。むしろくもりの日こそ紫外線対策には力を入れたいものです。今回はくもりの日の紫外線量について、「紫外線はくもっている日の方が強いって本当?」という噂の真偽を交えつつご紹介していきます。

紫外線は雲を通り抜ける

快晴の日と比べると、くもりの日はつい紫外線対策を怠りがち。「雲があるから紫外線は少ないだろう」と思ってしまうかもしれませんが、実は紫外線の種類によっては雲を通り抜けることがわかっています。

地表に到達する紫外線には、じわじわと肌の奥に浸透してシワやたるみを引き起こす「UVA」と、肌の表面で火傷や火ぶくれを起こす「UVB」の2種類があります。そのうちの「UVA」が最も波長が長く、オゾン層や雲を突き抜ける紫外線。

UVB(海水浴や日光浴における日焼けの原因)が雲に邪魔されて地表に届きにくい種類であることに対し、UVAは雲どころか窓ガラスも通り抜け、肌の真皮にまで到達します。そしてコラーゲンやエラスチンを変性させ、時間をかけて肌を老化させてしまうと言われています。

関連|冬でも飲む日焼け止めなどのUVケアをした方がいい理由

天気別の紫外線量

気象庁では、天気が紫外線の強さに与える影響について目安となる数値を発表しています。快晴の日の紫外線量が100%とすると、天気によって紫外線量は以下のように異なります。

快晴(雲が全くない状態)…100%
晴れ(雲が少しある状態)…90%
薄曇り…85%
くもり…60%弱
雨…30%

同じように空を万遍なく雲が覆っている天気でも、「薄曇り」と「くもり」では紫外線量が大きく異なります。くもりの場合は快晴時の6割程度であることに対し、薄曇りの場合は8~9割の紫外線量となるので気を付けましょう。

「くもりの方が紫外線は強い」は一部正しい

「快晴よりも、くもっている日の方が紫外線は強くなる」という噂を聞いたことはありませんか?都市伝説のように思われるかもしれませんが、実はこの噂、あながち間違いというわけではありません。一定の条件が揃った場合、くもりが快晴を超えて最も紫外線量が強くなるケースがあります。

その条件とは、「雲に穴が空いて、そこから日が差している時」。基本的にUVBは、雲に遮られると地表に届きにくくなります。しかし雲に穴が空いている場合はどうでしょう。快晴時と同じ量の紫外線が穴から直接降り注ぐことに加え、周囲の雲に散乱・反射した分の紫外線も降り注ぎます。つまり、単純に快晴の時の紫外線量に反射分の紫外線量がプラスされるということです。

その結果、くもりの日でも快晴より多くの紫外線量を受けることに。ある論文では「雲間から太陽が見える時は、晴天時よりも30%近く紫外線が強かった」という結果が出ました。全てのくもりの日というわけではありませんが、雲の状態によっては晴れの日よりも紫外線が強くなるということが言えます。

くもりでもしっかり紫外線対策

紫外線対策は、天気に関わらず常にしっかりと行うことが重要です。くもっていて涼しいと日焼け止めは不要に思えるかもしれませんが、感じにくいだけで紫外線は常に降り注いでいます。

UVAはUVBほどエネルギーが強くなく、日焼けしても自覚症状を持ちにくい紫外線。しかもUVBが真夏に多くなって冬は少なくなることに対し、UVAは年間を通して常に一定量が地上に届きます。くもりの日でも、油断せずきちんと紫外線対策をしましょう。

くもりの日は日傘やアームカバーなど目立つアイテムよりも、飲む日焼け止めや塗る日焼け止めがオススメです。

紫外線はシミやシワ・たるみといった年齢肌の大きな原因です。浴び続けることでダメージが蓄積され、肌の老化が早まります。太陽が出ている良い天気の日はもちろん、くもりの日でもしっかり紫外線対策をするように心がけましょう。


飲む日焼け止めおすすめランキング