サンタンとサンバーン、2種類の日焼けの違い

日焼けと一口に言っても、「すぐ赤くなってしまうタイプ」「黒くなりやすいタイプ」と人によって現れ方が違うものです。実は日焼けには「サンバーン」と「サンタン」という2種類があることをご存知でしょうか?今回は日焼けの種類の違いについて詳しくご紹介していきます。

関連|紫外線の種類や波長の長さ、UVA・UVBってなに?

サンバーンとは

強い日差しによって引き起こされる、やけどのような状態の日焼けのこと。急激に紫外線を浴びることで肌が赤くなり、ヒリヒリと痛んだりひどい場合には水膨れを起こしたりします。真夏の海水浴やレジャーで起こりやすいため、「日焼け」といえばこちらをイメージする方も多いでしょう。

主な原因は、波長が短いUVBという紫外線。夏に強くなる特徴があり、6~8月には冬の5倍もの量が降り注ぎます。肌の奥までは届きませんが、エネルギーが強く皮膚表面の細胞を傷つけ、炎症を起こします。太陽光を浴びて数時間後から日焼け症状が出始め、24時間後にピークに。数日で症状は落ち着き、治る際には皮膚がポロポロと剥けてきます。

肌表面にダメージを与えるサンバーンは、乾燥肌や角質の硬化を促進してしまいます。また真皮のコラーゲンを攻撃する酵素を作りだすため、シミやくすみ、シワ・たるみの原因となるでしょう。更にUVBを大量に浴びたり何度もサンバーンを繰り返したりすることで、DNAに傷がつき皮膚がんの原因となることもあります。

サンタンとは

サンバーンによる赤みが引いた後、皮膚が褐色になっている状態のこと。いわゆる「小麦肌」のことです。この状態になると、日焼けによる痛みはほとんどありません。サンバーン(UVB)による急激な日焼け以外にも、波長が長いUVAを長期間浴びることでも起こります。

肌が褐色になる要因は、メラニン色素の沈着です。紫外線が肌に侵入すると、DNAを守るためにメラノサイト(色素細胞)が活性化します。メラノサイトが作ったメラニン色素の作用は、紫外線を吸収して攻撃から細胞を守ること。皮膚の奥まで紫外線が届かないよう、防御する働きをします。このメラニン色素がたくさん作られることで、色素が沈着して肌が黒っぽくなるのです。

やがて肌のターンオーバーによってメラニン色素は排出され元の色に戻りますが、新陳代謝が衰えていたりするとシミやそばかすとなって肌に残ってしまいます。またUVAが原因の場合は、コラーゲンやエラスチン繊維を作る細胞が攻撃されてシワやたるみの原因となることも。肌の老化を引き起こします。

日焼けしやすい人としにくい人の違い

同じように日差しを浴びても、「赤くなるだけで黒くなりにくい人」「すぐに真っ黒になる人」と人によって日焼けの出方が異なることに疑問を持った方も多いのではないでしょうか。

黒くなりやすい人(サンタンの状態になりやすい人)となりにくい人の違いは、一言で言えばメラニンの量です。黒くなりやすい人はメラノサイトが敏感で、肌が紫外線を浴びた時に放出されるシグナル物質をすぐに察知できる体質です。

即座にメラニンをたくさん合成し、細胞を守ることができるでしょう。しかし黒くなりにくい人は、メラニンの量が少ないため細胞がダメージを負いやすい体質です。特に日に当たるとすぐに赤くなるけど、黒くはならないという方は要注意。一見ダメージを負っていないように思えますが、実は肌の奥まで紫外線による攻撃が進行しています。

実際、肌の白い白人は老化現象が出やすく、また皮膚がんのリスクが日本人よりも高いと言われています。日に焼けにくい色白の人こそ、若いうちからしっかりと紫外線対策をする必要があると言えるでしょう。

美容のためにも健康のためにも日頃の日焼け対策は重要です。その前にサンバーンやサンタンの違いを把握し、自分がどんな日焼けになりやすいタイプか確認しておきましょう。いずれの場合も自分にあったケアをして、紫外線から身を守ることが大切です。


飲む日焼け止めおすすめランキング