紫外線を浴びると老けるといわれるメカニズムと肌への影響

「紫外線は老化の原因」という話を聞いたことのある方は多いでしょう。しかし、どういったメカニズムで紫外線が肌を老けさせるかはご存知ですか?効果的なアンチエイジングには、紫外線が肌に与える影響を知っておくことが第一歩。今回は、なぜ紫外線を浴びると老けて見えるのかについてご紹介していきます。

紫外線の主な影響

そもそも紫外線とは、太陽の光に含まれている不可視光線(目に見えない光)の一種。太陽光自体は、植物や生き物にとって絶対に必要なものです。植物を成長させる・人体の体内時計を整える・気持ちをリフレッシュさせるなど、生きていく上で欠かせない様々な役目を担っています。太陽光に含まれている紫外線も例外ではなく、免疫力を高めたり骨を丈夫にしたりするビタミンDを人の体内で生成する働きがあります。

しかし、紫外線にはデメリットも非常に多いもの。紫外線は人体の細胞を攻撃する力が強く、特に直接紫外線と接触する肌はダメージを受けやすくなります。肌荒れを起こしたり肌の老化を加速させたりする原因となるでしょう。代表的な肌への影響は、シミやそばかす、シワやたるみ、乾燥肌など。実際、肌が老化する現象の約9割が、紫外線が原因だと言われています。

その他、眼の病気やDNAの損傷による皮膚がんなど、重大な病気を引き起こすリスクもあります。

関連|メラニンによってシミやシワができる仕組みと対策

肌への影響は紫外線の種類で違う

実は、紫外線はその波長によって数種類に分けられます。地表に届き、肌へ影響を与える紫外線は「UVA」と「UVB」の2種類。この2つはそれぞれ異なる作用を起こします。

「UVA」は、315~400nmと波長の長い紫外線。年間通して常に一定量が照射されています。エネルギーはさほど強くなく、浴びてもすぐに自覚症状が出るわけではありません。しかしゆっくりと肌の奥まで侵入し、様々な影響を与えます。

対して「UVB」は、280~315nmの波長が短い紫外線。エネルギーが強く、真夏に最も照射量が多くなります。海水浴などで肌が真っ赤に焼けるのはこの紫外線が原因。主に肌の表面に炎症を起こし、赤みやヒリヒリ感などをもたらします。

この2種類のうち、シミやシワといった肌老化の原因となるのは主に「UVA」です。UVAはじわじわとゆっくり肌の真皮に到達し、コラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞を攻撃します。すると肌の弾力が失われてハリがなくなり、シワやたるみができてしまうでしょう。

またDNAを守るためにメラニンが活発に合成され、シミとなって色素沈着してしまいます。UVAは紫外線の中で最も量が多く、雲も窓も突き抜けて降り注ぐので室内でも油断はできません。そして紫外線を浴びることで受けた肌のダメージはどんどん蓄積されていき、眼に見える老化現象として肌に現れてしまいます。

関連|メラニンによってシミやシワができる仕組みと対策

髪の毛の老化も老ける原因

紫外線を浴びることで、髪の毛にもダメージが与えられます。髪の毛の日焼けも老けて見える大きな原因のひとつ。特に髪の毛は肌以上に常に紫外線に晒されており、浴びる量も顔の2倍以上にも昇ると言われています。

紫外線は、髪の毛表面のキューティクルを剥がします。すると髪の毛内部の保湿成分が流れ出してしまい、パサついた髪質の原因に。更に紫外線は髪の毛のシスティン(アミノ酸)とタンパク質の結合を分解してしまうため、枝毛や切れ毛を起こしやすくなるでしょう。

また、髪の色(黒色)を作りだすメラニン色素を破壊するので、黒が抜けて赤茶色のような褪せた髪色になってしまいます。これらの現象から、紫外線ダメージを受けた髪の毛は老けて見える原因となります。

髪の毛はどうしても紫外線対策を忘れがちな部分。ダメージを受けると肌以上に回復させることが難しいので、普段から髪用の日焼け止めなどを使って対策をしておきましょう。

紫外線を浴びることは、外見の老化に直結します。特にUVAは熱さも症状も感じにくいことから、大量に浴びていることに気が付かない人も。後になって後悔しないためにも、塗る日焼け止めや飲む日焼け止めなどを使ってしっかり紫外線対策をするように心がけましょう。


飲む日焼け止めおすすめランキング