紫外線が目に与える影響

紫外線と言えば肌の老化や皮膚がんなどのリスクが知られていますが、実は目に与える影響も大きいと言われています。目は、いわば剥き出しになっている臓器。紫外線を多く浴びることでダメージを受け、様々な病気を引き起こします。今回は紫外線が目に与える影響や対策法についてご紹介しましょう。

紫外線が原因となる目の病気

目の役割は外界の光を感知し、その情報を脳へと伝達すること。その機能から、直接紫外線のダメージを受けやすい部位でもあります。目から入った紫外線は約8割が眼球の表面にある角膜で吸収されますが、残り2割近くが角膜を通過して水晶体に到達します。更に極微量の紫外線は、眼球の奥にある網膜まで到達することも。そのダメージが蓄積することで、目の老化や様々な眼病を引き起こします。その一部をご紹介しましょう。

【翼状片】

白目の組織細胞である結膜が増殖し、黒目部分に浸食してくる病気です。多くの場合、目の鼻側(目頭側)から発症します。紫外線によって何度も黒目と白目の境界が傷つけられ、防御や修復などの機能が衰えてしまうことが原因。初期には目のゴロゴロ感や充血が起こり、進行すると視力障害を起こします。

【加齢黄斑変性症】

目の奥にある網膜の中心部「黄斑」という部分が変性してしまう病気です。紫外線によって増加した活性酸素によって黄斑がダメージを受けることで発症します。そのため長年紫外線のダメージを蓄積してきた中高年に多く発症。物が歪んで見えたり部分的に暗く欠けて見えたりして、進行すると失明に至ります。

【白内障】

紫外線によって水晶体のタンパク質に変化が起こり、濁ってしまう病気です。視力が低下して物がぼやけて見えるようになり、最悪の場合失明してしまいます。水晶体は新陳代謝を行わないので、一度濁ってしまうと回復は難しいでしょう。その前に対策をとることが重要となります。

【角膜炎】

目の表面にある角膜が炎症を起こす病気で、「目の日焼け」とも呼ばれます。強い紫外線を一気に吸収することで発症。黒目の表面に傷がつき、目の充血や激しい痛み、涙が止まらないといった症状が起こります。夏場以外にも、雪による照り返しの多いスキー場などで見られます。

サングラスをかけて対策

サングラスで目に入る紫外線の9割はカットできるとも言われています。海や山などリゾート地に行く時や、畑仕事をする時、屋外でスポーツやキャンプをする時など、長時間太陽の下にいる時にはサングラスを着用して目を紫外線から守りましょう。

サングラスを選ぶ際には、紫外線カット率が高いものがオススメです。黒や茶色など色はあまり関係ありません。黒くてもファッション性のみが重視され、紫外線をカットする性能が全くないサングラスもあります。

表記も製品によって異なるので、「紫外線カット率」で表されている時はなるべく数値が大きいものを、「紫外線透過率」で表されている場合はなるべく数値が低いものを選ぶようにしましょう。

サングラスで日焼け予防ができる?

目と肌には一見関係がないように思えますが、実は目から入った紫外線が肌の日焼けの原因となることもあります。目から光が入って角膜がダメージを受けると、その情報が脳下垂体に伝わります。すると「日差しが強い!」と判断した脳は、肌を紫外線から守るためにメラニン色素を多く作るよう全身に指令。このメラニン色素が肌の日焼けを作り出し、肌が黒くなったりシミの原因となったりするのです。

そのため肌を黒くしたくない人は、目をサングラスで守ることで日焼け予防に繋がります。

色の濃いサングラスは要注意

サングラスは色が濃い方が紫外線のカット率が高いような気がしますが、そんなことはありません。むしろ紫外線カット機能がないのに色の濃いサングラスは、逆効果になってしまう可能性があります。

人間の目は、暗いところでは光を取り込みやすくするために瞳孔を開くようになっています。真っ黒なサングラスで、かつ紫外線カット機能がついていなかったらどうなるでしょうか。夜のように瞳孔が開き、紫外線を多く採り込んでしまうでしょう。

紫外線から目を守る目的でサングラスを着用するなら、色よりも紫外線カット率で選んでください。

肌の日焼けは気にしても、紫外線による目の影響は気にしていなかったという方も多いのではないでしょうか。紫外線が目にもたらす作用に良いものはありません。正しい知識を持ち、サングラスなどを駆使して目を紫外線から守っていきましょう。


飲む日焼け止めおすすめランキング